FC2ブログ

02/14のツイートまとめ

naosuzukake

明日新宿でファイターズファンの友人と一緒に観ます! https://t.co/EymhcoaCnQ
02-14 23:45

RT @kirikabu6: 日本は戦争と植民地支配の責任を取らずにずっと来ています。韓国の側にはそれに対する民族的な怒りがずっとあるわけです。その象徴が天皇のわけで、いわば「歴史の無責任の象徴」なのです。天皇の謝罪を求めるのはそういうことだと思います。「(日本の)抗議は理解不…
02-14 23:42

RT @gaora_fighters: \ 甲子園決勝再び‼️吉田🆚柿木 /#栗山英樹 監督が16日に予定している紅白戦で #吉田輝星 投手と #柿木蓮 投手を先発で起用することを名言。沖縄で昨夏の甲子園決勝が再現する🔥📺#getファイターズ キャンプLIVE http…
02-14 21:39

小学6年生未満かも…"「日本の総理、小学6年生並みで情けない」立憲・枝野氏" https://t.co/tbLXOkttfQ
02-14 17:11

RT @u2qKSkUcSIeBuid: くら寿司にしろZOZOTOWNにしろ、従業員の半数以上が非正規という構造がそもそもおかしいです。長期雇用する気も社内教育する気もない最低賃金で雇われた従業員が基幹労働者として会社を回しており、本部にいる一部の人間だけが高額な報酬を得る。…
02-14 16:05

RT @M16A_hayabusa: 「ソ連が崩壊した理由」・労働者の労働意欲の低下・チェルノブイリ原発事故の発生・ペレストロイカの失敗・技術革新の流れに乗り遅れる・無駄で過剰なまでの軍拡・事実上の一党独裁による党の腐敗・福祉政策冷遇による不満の蓄積…
02-14 16:03

現総理大臣と原子力ムラの人たちを念頭に置くととても説得力がある。 https://t.co/aNc34F6HHi
02-14 15:14

スポンサーサイト



| コメント:2 | BACK TO TOP |

コメント

嘘はいけない
>日本は戦争と植民地支配の責任を取らずにずっと来ています。韓国の側にはそれに対する民族的な怒りがずっとあるわけです

否、責任を取ってきたし、謝ってきましたよ。嘘を言ってはいけないと思います。小泉政権の頃、英タイムズは「日本は24回謝った」と書いています。

2016年の戦後70年談話(安倍談話)でも、

「戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます」

と一国の総理が「深く頭を垂れ」とまで言って詫ています。

慰安婦に対しても、90年代に下村満子らの慰安婦基金には日本政府も出資しており、総理がお詫びの手紙まで添えて償金を出しています。安倍首相も慰安婦合意に基づき、慰安婦財団を設立したし、多くの慰安婦は受け入れています。

安倍首相は「筆舌尽くしがたい思いをした慰安婦がいたことは胸が痛む」と何度も繰り返しています。

それでもなお「謝ってない」と言ってのける貴方が信じられません。

補足ー天皇は政治的権能を有さないのであって、今上天皇に謝罪する意味があるのでしょうか?

その天皇を含め、「アジアの国々に多大な迷惑をかけた」と戦後、何度も詫てきていると思います。
2019/02/16(土) 02:44:58 | URL | リベラ #sSHoJftA [ 編集 ]
戦後、韓国の国家予算の3倍超の賠償をしてきたし、日本企業も無償技術供与をしてきました。それは戦争責任の負い目があったからで、今の韓国企業の栄華にも繋がっています。

学校教科書にも創氏改名、関東大震災時の朝鮮人虐殺など、歴史の負の面をこれでもかと書いてきました。

もう戦争責任は取っているし、詫てもいます。

いつか戦争責任にも区切りをつけない日が来るのであって、それが2015年の安倍談話だったと思います。あそこまで詫たのだから、もう歴史論争は終わらせていいのです。

個人間の犯罪でも加害者は被害者に会うたびに詫びるわけにはいきません。一度詫びて賠償をしたらもうそれで責任を取ったとなるのであって、未来永劫子どもたちに十字架を背負わせる必要はありません。

あの戦争とは、今の40~50代の祖父母の代の話であり、20代にとっては曾祖父母、小学生以下にとっては高祖父母の世代の話です。
2019/02/16(土) 02:54:54 | URL | リベラ #sSHoJftA [ 編集 ]

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

neonaosuzukake

Author:neonaosuzukake
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1712)
子育て (1)

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR